糸島観光の定番モデルコース

白糸の滝や芥屋の大門、櫻井神社、二見ヶ浦の夫婦岩、ココだけ行ってれば糸島観光したといえるモデルコースです。
PAGE TOP 糸島観光の定番コース

糸島観光の定番。ココだけ行けば糸島観光したといえる王道モデルコース

糸島の観光名所はいくつもありますが、今回は、その必須とも言える観光地、名勝地を巡る旅です。 ドライブするのは、白糸の滝、芥屋の大門、櫻井神社、二見ヶ浦の夫婦岩、このコースで巡ります。

途中、美味しいレストランやカフェで休憩しながら、糸島半島をぐるっと時計回りに一周するルートです。 このルートでは、芥屋の大門では遊覧船に乗りますので、船が苦手なからは無理かもです。

注意;このモデルコースは、春〜秋ににかけてのお薦めルートです。
白糸の滝は山中にあるため冬場は凍結の恐れもあり訪問は難しいです。 また、芥屋大門の遊覧船は、冬(11月〜3月)は運行していません。ご注意ください。

天神を出発点として説明します

糸島半島を観光するにあたって、どこから出発するかは、それぞれ違うと思います。
一番多いのが、福岡市内など糸島周辺の地域から来られて、糸島を回られる方が多いと思います。

このルートは、福岡市内から来られることを想定して説明しますね。 また、関東関西から来られる方は、福岡市内でレンタカーを借りられてお出かけされるのが一番効率的に糸島を観光できると思います。

今回のコースでは、福岡市の中心である天神を起点とします。 福岡市内でレンタカーを借りて9:00頃に出発。往路は都市高速を通って前原までゆきます。 復路は今宿から都市高速を使って、夕方17:00頃に天神に帰り着く予定で組んでいます。

おおよその目安ですので、立ち寄られるポイントを増やしたりしてアレンジしてくださいね。 高速が苦手な方は、国道経由で往復もできますが、その分時間に余裕を見て計画してください。
糸島の観光地図
このコースを少し遅く出かけることで、二見ヶ浦で夕日を楽しむコースにすることもできます。 また、反対周りで巡ることで、白糸の滝での流しそうめんや、近くにある「村上家本舗」の「かき氷」を食べるルートにすることもできますね。
皆さんの好みで、途中寄り道するところを増やしてください。

今回のルートのご紹介


今回の糸島名所王道ルートは、白糸の滝、芥屋の大門、櫻井神社、二見ヶ浦の夫婦岩、この糸島観光の王道を巡る旅です。 途中、いくつか寄り道してゆきます。

糸島観光の王道を巡る旅

今回巡るルートのご案内

9:00 天神出発 16:00 天神到着
時間訪問先
9:00天神を出発
9:40白糸の滝
10:50芥屋の大門 遊覧
11:30食事
13:00櫻井神社
13 45二見ヶ浦 大鳥居・夫婦岩
14:30パームビーチ(カフェ)
16:40天神に到着
休:休日、不:不定休、数字:第○曜日が休み

それでは、糸島にゴーッ!


糸島の地元密着の旬の情報を検索できます
海辺のカフェ、モーニング、天然酵母、神社、カレー etc 調べたい文字を入れて検索して下さい。


スポンサー様募集しております。詳細はこちら

【9:00】
天神を出発

天神を出発です

糸島観光の定番コース 天神を出発
ひとまず福岡市内、天神や博多駅前、あるいは福岡空港から糸島にむかうこととします
朝遅く出たい人は、10時頃に出発して高速を使っって「椰子の木ブランコ」に直接向かうパターンもあります。
皆さんの行動パターンで決めてくださいね。
格安レンタカー予約なら(スカイレンタカー)

天神北から高速に乗って、一気に糸島へ向かいます。
福岡前原道路を使って糸島へ。前原インターを過ぎてそのまま西へ向かいます。

福岡前原道路を終え「東」の交差点を左折

糸島観光の定番コース 東の交差点
高速が終わると「東」の交差点があります、ココを左折して、山の方へ向かいます。
そのまま、道なりに山に向かいます。
ナビ使ってきてください。

9:00出発
40分移動
街中を少しドライブです
9:40到着

【9:40】
白糸の滝

滞在時間20分

マイナスイオンでストレス解消

白糸の滝 糸島観光の定番コース
白糸の滝は、夏場の避暑としても利用されています。
山の中腹なので、少しひんやり。滝のマイナスイオンと相まって、ストレス解消にいいですよ。

ヤマメ釣りやそうめん流しも

白糸の滝 糸島観光の定番コース
6月の滝開き以降は、鮎釣りやお店もオープンするので、楽しんでくださいね。 滝の下流には、ヤマメが放流されていて、ヤマメ釣りを楽しむことができます。 道具一式をレンタルしてくれるので(2000円、4匹まで)お子さんと来ても夏の良い思い出になると思います。

また、夏の風物詩の「そうめん流し」を楽しむことができます。 お子さんも大喜びしますよ。

周辺の見どころ

  • フワフワのかき氷が有名「村上家本舗」(車で10分)

10:00出発
40分移動
10:40到着

【11:00】
芥屋の大門遊覧&食事

滞在時間90分

芥屋の大門を船に乗って遊覧します

糸島観光の定番コース
芥屋についたら「芥屋の大門(けやのおおと)」を船に乗って遊覧しましょう。
「芥屋の大門」とは、海に突き出た玄武岩の岸壁が海蝕によりできた洞窟です。その中を船で遊覧するものです。 遊覧時間は30分です。

遊覧船で出発!

糸島観光の定番コース
11:00の便に乗りましょう。
船は小型ですが、そんなに揺れることはありません。 世紀の奇景をお楽しみください。
春から秋まで運行。遊覧時間30分
大人700円
時刻表は公式サイトをご覧ください。
芥屋大門観光社

【11:00】
食事

滞在時間60分

食事は芥屋の海鮮丼

糸島観光の定番コース
遊覧が終わったら、地元のお店で新鮮な海鮮丼などをいただきましょう。
芥屋倶楽部 筑前海、朝日屋、レストランバー志摩、磯の家などがあります。 芥屋には民宿が多くあって宿泊も可能です。

周辺の見どころ


12:30出発
20分移動
12:50到着
途中、糸島のカフェエリアである「野北」を通ります。 野北はカレントなどのカフェが数軒ある人気のエリアです。 野北周辺のカフェで食事をされてもいいですが、かなり混雑が予想されます。

【12:50】
桜井神社

滞在時間40分

桜井の鎮守様

糸島観光の定番コース
桜井神社は、黒田藩二代藩主、黒田忠之が判断の頼りにした與止妃大明神を祀っている神社。 忠之公は困ったことがあると、筑前の大預言者「浦姫様」に相談していたそうです。
「櫻井神社」は。糸島嵐神社の一つなのです。
無料駐車場は、参道前と神社裏手にあります。

大神宮にも参拝しよう

桜井神社 大神宮 糸島女子旅
桜井神社の本殿から離れた場所にひっそりとあるのが大神宮です。 大神宮にも是非ご参拝ください。
櫻井神社のHPには「伊勢神宮の内宮・外宮の両宮のご分霊を奉じさせ、ご鎮座頂いたことがご創祀」とあります。

周辺の見どころ


13:30出発
5分移動
13:35到着

【13:35】
二見ヶ浦

滞在時間20分

二見ヶ浦の駐車場に駐車

二見ヶ浦 糸島観光の定番コース
糸島の観光で1番にあげられるのが、この二見ヶ浦の大鳥居と夫婦岩です。

県道脇の無料駐車場を利用してください。土日は多いので駐車できないかもしれませんが、 ここの駐車場が満車のときは第二駐車場がすぐ近くにあるのでご利用ください。

大鳥居と夫婦岩

夫婦岩 糸島観光の定番コース
夕日百選にも選ばれている、夫婦岩の間に落ちる夕日が絵になるところです。
干潮時には、鳥居まで行くことができるので、レアな写真が撮れるかもです。
近くに「クジラ岩」があるので探してくださいね。

13:55出発
1分移動
14:00到着

【14:00】
パームビーチカフェで休憩

滞在時間40分

海を見ながらのカフェタイム

パームビーチカフェ 糸島観光の定番コース
スイーツタイムは、二見が浦のパームビーチでお楽しみください。
落ち着いた雰囲気の店内からは、二見が浦の海がすぐそこに。

天気がいい日はテラス席がオススメ

糸島観光の定番コース
暖かな日には、テラス席で食べるスイーツが格別です。
海風にあたりながらのカフェタイムは、少し贅沢かも。
海を見るには、晴天が続いた後の、風の強い晴れた日がお勧めです。 青い海と波立つ白波のコントラストがとても美しいんです。

パームビーチ 詳細はこちら

周辺のカフェ


14:40出発
高速で50分
帰りは海辺を通って、高速を使って帰ります
15:30到着

【15:30】
天神に到着!

糸島女子旅 天神に到着
お疲れ様でした!天神に戻ってきました。
糸島の1番端にある「またいち」からでも、高速を使うとあっという間に戻ってこれます。

ここに掲載しているルートと時間は目安です。滞在時間が短いかもしれません。 このルートを元に、寄り道したり省いたりして、自分たちのルートを作ってくださいね。


糸島観光おすすめのコースをご紹介


糸島観光おすすめのコースをご紹介


詳しい場所は、糸島半島観光ガイドマップ で確認して下さい。

Line
Facebook
Hatena::
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
pocket
Twitter



糸島 便利なマトメ情報



↓ここ↓に広告を掲載しませんか?
福岡糸島 広告募集


糸島散策・観光のバイブル ガイド本
2017年版も新しくなりました!

新着記事

個人的にお薦め記事です


新しく訪問したお店や観光地の旬の情報をお届けします。 ぜひご購読下さい。【週末発行】
お名前
メールアドレス
糸島観光メールマガジン

糸島のカフェ、ショップ、見どころガイドマップ
糸島観光 ガイドマップ