糸島の名所

糸島の新旧名所10選をご紹介します。
PAGE TOP 糸島の名所

糸島は観光名所の宝庫

糸島市は福岡県の西端にあって、福岡市と隣接している人口10万人の街です。
自然が豊かなこともあって、昔から糸島市民はもとより福岡市民の憩いの場所でもありました。

昔ながらの風光明媚な仏閣や史跡も数多く残っていますが、ここ10年でおしゃれなカフェなどが出来て、 週末となるとドライブで多くの人たちが来るようになっています。

最近ではインスタ映えするポイントということで、県外からでもわざわざ訪れる人も多くなり、 そこは糸島観光の新しい名所となっています。

新旧の名所の道順やバスでのアクセス案内もしているので、次回訪問の参考にしてくださいね

糸島観光の新旧名所

糸島観光するには、数え切れないくらい多くの訪問スポットがあるので、 イトパラでは、人気のスポットに絞ってご紹介しますね。

人気かどうかの判断は、客観的なものがないのですが、イトパラ独自の感覚で選んでみたいと思います。

糸島観光の新旧名所、各5箇所を選んでみました。
昔からの名所は鉄板ですね!

昔からの名所 新しい名所
二見ヶ浦 夫婦岩
ヤシの木ブランコ
芥屋の大門 遊覧船
天使の羽
白糸の滝
トトロの森
雷山千如寺 大悲王院
ロンドンバス
桜井神社
立石山

新しい名所は、ほとんどがインスタ映えする場所ですね。 というか、インスタで広まった場所ですよね。

ご注意 白糸の滝は山中にあるため冬場は凍結の恐れもあり訪問は難しいです。
また、芥屋大門の遊覧船は、冬(11月〜3月)は運行していません。

新旧名所、場所のご紹介

新旧名所がどこにあるのか、地図で見てみましょう。

ほとんどの名所が海側にあって、固まっているようですね。

糸島観光の王道を巡る旅

幸いなことに、新旧の名所は、県道54号線(いわゆるサンセットロード)上に並んでいるので、 ドライブするときには、新旧の両方の名所が訪問できていいと思います。

それと、やはり大悲王院と白糸の滝は、山間部にあるので、 真冬の時期は道路の凍結の恐れもあるので、冬場は道路交通情報を聞いてお出かけくださいね。


それでは新旧名所をご紹介します。



イトパラ スポンサー様募集しております。詳細はこちら

二見ヶ浦 夫婦岩

沖に見える鳥居と岩

二見ヶ浦 夫婦岩
糸島の観光名所といえば、まずは、この二見ヶ浦の夫婦岩でしょう。それと大きな「白い鳥居」です。

二見ヶ浦の海岸は「夕日百選」にも選ばれている夕日の名所でもあります。夫婦岩の間に落ちる夕日がとても美しいところです。

大鳥居と夫婦岩

二見ヶ浦 夫婦岩
白い鳥居は意外と大きいんですよ。
干潮時には、鳥居の下まで歩いて行くこともできるんです。
50台ほどと停められる無料の駐車場もあるのでご利用ください。

二見ヶ浦 夫婦岩 詳細はこちら


芥屋の大門

芥屋の大門を遊覧船で遊覧します

糸島観光の芥屋の大門
芥屋の大門(けやのおおと)といいます。
「芥屋の大門」とは、海に突き出た玄武岩の岸壁が海蝕によりできた洞窟です。その洞窟の中を遊覧船で観光するものです。 遊覧時間は30分です。

この岩山にできた穴の中に、船で入ります

糸島観光の定番コース 芥屋の大門
この山にできた洞窟に船のまま奥まで入ってゆきます。
閉所恐怖症の方は無理かもです。

船は小型で20人ほど乗船できます。
そんなに揺れることはありませんが、沖に出ると揺れます。船酔いする方はやめておいた方がいいかもです。

遊覧船情報 春から秋まで運行。遊覧時間30分
大人700円

芥屋の大門 詳細はこちら

白糸の滝

夏の避暑地

白糸の滝 糸島観光の定番コース
白糸の滝は、夏場の避暑としても利用されています。
山の中腹なので、気温も少しひんやりしているんですね。

キチンと管理整備されている観光名所です。ただ、整備され過ぎていて、ワイルド感はありません。ほんとお手軽な観光地って感じです。

ヤマメ釣りやそうめん流しも

白糸の滝 糸島観光の定番コース
滝の下流には、ヤマメが放流されていて、道具一式をレンタル(2,000円、4匹まで)してくれるので、ヤマメ釣りを楽しむことができます。 もちろん養殖ヤマメを放流したものです。

滝の周辺のお店では、「そうめん流し」を楽しむことができます。
夏休み期間中は、子連れで賑わう場所であり、駐車場(無料)も満車になる可能性が高いです。

白糸の滝 詳細はこちら

千如寺大悲王院

糸島は山岳仏教の色が濃く残っている地域なのです

糸島観光の定番コース 千如寺大悲王院
今ではそんなに目立っていませんが、糸島の南側に位置する背振山脈一体は、 大陸から伝わってきた仏教の一大修行地でもあったのです。

その前は、任那、百済など一大九州王朝があったといわれており、糸島はその中心部でもあったともされています。 すごく歴史のある土地なのです。

糸島市の南部の山岳地域には「怡土七ヶ寺」といわれる数多くの寺院が建てられていたんですね。 千如寺大悲王院もそのひとつなのです。

僧坊が三千を超えるほどあったということですから、糸島の山岳地域は、すごく賑わっていたんだと思います。 今もお寺が多いですからね。

大楓が有名

千如寺大悲王院
普通の方には糸島の古い歴史のことよりも、目の保養の方が大事でしょう。

秋になれば、千如寺大悲王院周辺の山々の木々も色づき始めて、大悲王院周の大楓も美しさを増してきます。

この大楓を目当てに多くの観光客がやってくるのです。
新緑の頃の大楓もきれいなんですけどね・・・・、いつ来ても美しいと思います。

大悲王院 詳細はこちら


桜井神社

糸島のパワースポット

糸島観光の定番コース
桜井神社は、黒田藩二代藩主、黒田忠之がよく通われていたといわれている神社です。

本殿の背後の山腹には、雷とともに開けられた岩窟がこの桜井神社の神様ともいえます。 今は、桜井神社の奥宮となっています。

奥宮は、毎年7月2日には岩戸開きの神事が行われ、その祠を参拝することができるんです。

隠れたパワースポット、大神宮にも参拝しよう

桜井神社 大神宮 糸島女子旅
桜井神社は、嵐ファンの間でも有名になっているパワースポットですが、 実は桜井神社の本殿から離れた場所にひっそりとあるのが大神宮

伊勢神宮の遷宮と同じように、宮地を2か所に定めて20年ごとに式年遷宮を執り行って来ていたという歴史あるパワースポットなのです。

そのパワースポットも半端なくすごいんです。
大神宮にも是非ご参拝ください。

桜井神社 詳細はこちら


ヤシの木ブランコ

居酒屋の庭先にあるんです

糸島観光の定番コース
福岡市内でチェーン店を展開している「ざうお」さん。その本店のある海岸に、ヤシの木ブランコがあります。

ブランコの乗るのは無料なんですが、車を止める駐車場がないので、「ざうお」さんの駐車場に止めることになります。 駐車料金は、夏場は1回1000円です。バスで来れば無料ですけどね。

開放感抜群!

桜井神社 大神宮 糸島女子旅
最近はヤシの木ブランコ乗るためにくる方も多いので、週末は順番待ちになっているようですね。 なので、狙い目は平日です。

この海岸には、また新しい名所となる西日本豪雨により漂着した「奇跡の流木」もできたみたいなので、楽しんでくださいね。

ヤシの木ブランコ 詳細はこちら


天使の羽

海岸の壁にあるもの

糸島観光の定番コース 天使の羽
ほんと、最近のSNSの活用には目を見張るものがありますね。
糸島の新名所の一つ「天使の羽」といわれている場所です。

このコンクリートの壁に描かれている「天使の羽」の絵は昔からあったんですが、やはりSNSの力ですね。 今や、糸島でも有数の人気スポットになってしまいました。

みんな幸せになるよね・・

糸島 天使の羽
やはり絵になりますよね。
みなさん楽しそうに写真撮っていました。

たった一枚の絵なのですが、みんなを幸せにしてくれるってすごいことだなって思います。


トトロの森

正式には「芥屋の大門展望台」です

糸島観光の定番コース トトロの森(芥屋の大門展望台)
いつの間にか「トトロの森」と呼ばれるよになってしまったのは正式名称「芥屋の大門展望台」

その展望台まで登る山道が、木々に覆われていて、「まるでトトロの森のようだね」ってことで呼ばれるようになったみたいです。 これも最近のSNSによる効果ですね。

この写真の部分が入口になっています。

新緑の時がいいかも

糸島 トトロの森(芥屋の大門展望台)
新緑のシーズンで晴れているときが、一番緑が映えて美しいと思います。
カップルで来たらいつ来ても楽しいと思いますけどね。手を繋いで登っていってくださいね。

5分ほどで頂上に着きますが、頂上には展望台があるので登ってみて下さい。
ただ、展望台よりも周りの木が高いので、展望台に上っても景色は良くありません(汗

トトロの森 詳細はこちら


ロンドンバスカフェ

野北の海岸に赤いロンドンバス

糸島観光の定番コース 赤いロンドンバス
これもSNSに火が付いた感じのロンドンバス
若い世代の女性にはすごく人気のスポットになっています。

販売しているのは、ジェラートやホットドッグなどの軽食類です。

バスの中で休憩

糸島 赤いロンドンバス
これは赤いロンドンバスの二階の客室部分。バスの中で食べることができるのも魅力です。

すぐそばの海を見ながら食べることができるので幸せすね。 ただ、空調設備はないので、真夏には厳しいかも・・・

ロンドンバス 詳細はこちら


立石山登山

糸島の絶景ポイントのひとつ

糸島観光の定番コース 立石山登山
糸島の絶景の写真の中でもよく使われているのが、この立石山からの眺望
火山からの眺めといい勝負しています。

ほとんど頂上付近まで車で来ることができることも人気の秘密ですね。
峠の駐車場から10分程度のプチ登山が楽しめます。

雑誌などでよく見る景色です

糸島 立石山登山
絶景ですね。
手前にあるのが芥屋海水浴場、その奥が全長約6kmに及ぶ「幣の浜」の海岸。

たった10分程度の登山ですが、しばし都会の喧騒から離れることができてリフレッシュできますよ。

立石山登山 詳細はこちら


糸島観光おすすめのコースをご紹介

糸島のオススメ観光コースを目的別にご案内しています。
このコースをベースにお好みで寄り道して、自分なりの観光コースを作られて糸島を満喫してくださいね。


Line
Facebook
Hatena::
このエントリーをはてなブックマークに追加
pocket
Twitter



糸島 便利なマトメ情報



福岡糸島 広告募集
糸島観光サイト内を検索できます
海辺のカフェ、モーニング、天然酵母、神社、カレー etc 調べたい文字を入れて検索して下さい。

糸島の旬の話題

初めて糸島観光する方に!
糸島 初めてガイド
糸島の雑貨屋さん完全制覇!
糸島雑貨大辞典

糸島散策・観光のバイブル ガイド本
2019年版も新しくなりました!

とっても新しい糸島案内
2019-2020
ウォーカームック

新着記事


新しく訪問したお店や観光地の旬の情報をお届けします。 ぜひご購読下さい。【週末発行】
お名前
メールアドレス
糸島観光メールマガジン

糸島のカフェ、ショップ、見どころガイドマップ
糸島観光 ガイドマップ