志摩歴史資料館

志摩歴史資料館では、志摩地域一帯で発掘・発見された遺物を展示しています。
志摩歴史資料館
志摩歴史資料館の情報は、2014年8月時点のものです。

志摩歴史資料館

志摩歴史資料館
いまでこそ糸島半島として、九州本土と陸続きになっていますが、昔は入江が奥まで入り組み、半島というより島であったと推測されています。、 かつては、大陸と同じような文化もあったことも見ることが出来ます。


糸島野菜の通販
スポンサーリンク
スポンサー様募集しております

志摩歴史資料館の入り口

志摩歴史資料館 入り口
糸島市志摩庁舎に近い、志摩中央公園の一角に、志摩歴史資料館はあります。
公共施設だけあって、なんとなく奇抜なデザイン(汗)。

志摩歴史資料館 入り口
玄関を入ると受付があります。ここで入館券を購入します。
入館料は、大人210円。高校生100円です。
※65歳以上・中学生以下、障がい者手帳所持者(付添い1名まで)は無料

志摩歴史資料館 内部

志摩歴史資料館 店内
志摩歴史資料館に入ってすぐに、郷土の民具が飾ってあります。
そんなに古いものではなく、昭和初期の頃からのものが多く並べてあります。

志摩歴史資料館
こちらは、1階の企画展示室
ここでは、年に4〜5回の企画展示が開催されているそうです。
この日は、夏休みの時期だったので、「すばらしい世界の蝶(ちょう)と蛾(が)」展が開催されていました。

美しい蝶と蛾の標本が並べてありました。
その自然が形創る美しさは、宇宙の意志を感じずにはいられませんでしたよ。
企画展内部は撮影禁止なので、写真はありません。

志摩歴史資料館
1階フロアの奥にも展示物があります。

新町遺跡

志摩歴史資料館 新町遺跡
これは、新町遺跡の支石墓のレプリカ
新町遺跡は、弥生時代早期・前期(約2300年前)の支石墓を含む甕棺墓群が57基からなる遺跡群。 実物は、新町の「新町遺跡展示館」に保存されています。

志摩歴史資料館
階段を登ると、メインの常設展示室に続きます。

志摩歴史資料館 常設展示室

志摩歴史資料館 常設展示室
ここが常設展示室の入り口
糸島は「海」に関係の深い遺物や遺跡が数多く発見されてることもあり、 常設展示室ではこの「海」を「住居」「生活」「交易」「信仰」「漁業」「干拓」「生産」「墓制」の8つのテーマに分け展示を行っています。
糸島半島が半島ではなく、かつて島であったであろうことがよくわかります。

そういえば、九州北部は海の守護神である綿津見三神を祀る神社が多いですが、ここ糸島でも綿積神社などを見ることが出来ます。

常設展示室は写真撮影禁止なので、写真はありません。

志摩歴史資料館 展望室

志摩歴史資料館 展望室
展望室というか休憩所というか・・・
そういえば、この横にある意味無造作に、旧海軍の一式水上偵察機のエンジンカバーが置かれてありました。なぜここにあるかは不明です。 そういえば、大東亜戦争中の資料がなかったので、せめてもの関連資料ということでしょうか・・・

志摩歴史資料館 動画


こちらの動画で、志摩歴史資料館、常設展示室の内部の様子をご覧ください。



Line
Facebook
Hatena::
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
pocket
Twitter



糸島市立 志摩歴史資料館

糸島市志摩初1番地
tel 092-327-4422
営業時間 10:00-17:00
定休日 毎週月曜日、年末年始
ただし、月曜が祝日の場合は開館し次の平日が休館
駐車場 あり

web :志摩 歴史資料館


より大きな地図で 糸島の総合観光ガイドマップ を表示
※掲載している情報は、2014年8月時点のものです。 できるだけ最新化していますが、開店時間、店休日、価格等は変更となっている可能性もあります。

糸島 便利なマトメ情報



↑ここ↑に広告を掲載しませんか?
福岡糸島 広告募集

糸島観光サイト内を検索できます
海辺のカフェ、モーニング、天然酵母、神社、カレー etc 調べたい文字を入れて検索して下さい。

糸島散策・観光のバイブル ガイド本
2017年版、新しくなりました!

新着記事

個人的にお薦め記事です


新しく訪問したお店や観光地の旬の情報をお届けします。 ぜひご購読下さい。【週末発行】
お名前
メールアドレス
糸島観光メールマガジン

糸島のカフェ、ショップ、見どころガイドマップ
糸島観光 ガイドマップ