陶翠苑

糸島野北のカフェレストラン陶翠苑で、炙り鯖鮨と抹茶をいただいてきました。
陶翠苑

脂がのった「炙り鯖鮨」が絶品、美味い!陶翠苑(とうすいえん)の昼飯膳

糸島のカフェ・ギャラリー 陶翠苑

野北の海側、糸島のサンセットロード沿いにある山の中腹の隠れ家的なカフェ・ギャラリー、レストラン、陶翠苑

ギャラリーを併設したモダン和風な佇まいのレストランでランチをいただいてきました。


陶翠苑。ギャラリー併設の和風カフェレストラン


陶翠苑の外観

「つまんでご卵」のお店の先の道をサンセットロードに入り、志摩シーサイドカンツリークラブを右手に眺めてしばらく進むと、右手に陶翠苑があります。

人家から少し離れていますので、隠れ家的な感じがするカフェです。

駐車場はお店の右奥に、5、6台分はあります。

オープン中なのかどうか分からない、ひっそりとした佇まいです(汗)。

陶翠苑の玄関

正面の入り口も和風な佇まい。打ち水でもしてあると最高ですね。

正面入口の右側1階部分にギャラリー陶翠苑が併設してあります。

陶翠苑 玄関がまたすごい

玄関を入ると、正面にひときわ目立つのが階段。
カフェ陶翠苑は、この階段を登った2階になります。

階段は急ではありませんが、片方の手すりが無い開放的な作りとなっていますので、お子様やお年寄りの方は注意してくださいね。

陶翠苑のお座敷

2階に登ると、壁1面をガラス張りにした見晴らしの良いお座敷になっています。

座卓が4卓。奥には畳の部屋もありましたよ。

お客さんが多い時には、畳の部屋も使われるのだと思います。

陶翠苑のお座敷

お店の奥から階段方向を見た図。

左の奥が厨房です。

屋根が高いので、ロフト形式になっていて、ハシゴで上がれるようになっています。

陶翠苑の炙り鯖鮨

注文したのは、「炙り鯖鮨」が入っている「田舎の昼飯膳」

冬場は、たっぷりのダゴ汁がついてきます。奥にあるのはゴマ豆腐です。
夏場は、ダゴ汁の代わりに「花蕎麦」になります。

・田舎の昼飯膳(炙り鯖寿司) 880円。

鯖鮨は、とろけるような舌触り

鯖鮨を拡大してみました。

この「炙り鯖鮨」は、特製のタレに1晩漬け込みじっくりねかせた鯖を、その表面だけをさっと炙って、 金ゴマを混ぜた炊きたてご飯と合わせて巻き上げているんです。

わさびの加減も丁度良し。

炙ってあるから、鯖の旨味が引き出されていて、口の中でとろける美味しさです。美味しい!

陶翠苑からの眺め

大きな窓からの眺めもいいです。

糸島でありながら、こんな景色を見るのは初めてです。

海も山も見ることが出来て最高です。

陶翠苑のもう一つの目玉、クレームブリュレと抹茶

炙り鯖鮨でひと息ついた後は、陶翠苑さん自慢の抹茶と、イチオシのクレームブリュレ。

このセットはないので、それぞれ単品で注文しました。

ブリュレはアイスになっていて、つくりたてパリパリキャラメルとの相性も抜群です。

・アイスクレームブリュレ 600円
・抹茶 特注


陶翠苑のお抹茶が美味しい

美味しい鯖鮨と、美味しいお抹茶と良い景色。

言うことない満足感です。

※炙り鯖鮨は、お持ち帰りもできます。
 1本1050円

ごちそうさまでした。


Line
Facebook
Hatena::
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
pocket
Twitter



カフェ&ギャラリィ 陶翠苑

福岡県糸島市志摩野北973-4
tel 092-327-3455

営業時間 11:00-17:00
定休日 月曜日
駐車場 あり

・Web カフェ&ギャラリィ 陶翠苑
・Blog http://plaza.rakuten.co.jp/tousuien/


より大きな地図で 糸島観光グルメガイド を表示
※掲載している情報は、2014年2月時点のものです。  開店時間、店休日、オーダースタイルや価格は、変更となっている可能性もあります。

糸島 便利なマトメ情報




↑ここ↑に広告を掲載しませんか?
福岡糸島 広告募集

糸島観光サイト内を検索できます
海辺のカフェ、モーニング、天然酵母、神社、カレー etc 調べたい文字を入れて検索して下さい。

糸島の旬の話題

初めて糸島観光する方に!
糸島 初めてガイド

糸島散策・観光のバイブル ガイド本
2016年版、新しくなりました!
糸島の名産品をお届けします

新着記事

個人的にお薦め記事です


新しく訪問したお店や観光地の旬の情報をお届けします。 ぜひご購読下さい。【週末発行】
お名前
メールアドレス
糸島観光メールマガジン

糸島のカフェ、ショップ、見どころガイドマップ
糸島観光 ガイドマップ