志登支石墓群

弥生時代早期から中期にかけて作られた、弥生時代の文化を知ることの出来る国指定の史蹟
志登支石墓群の情報は、2015年5月時点のものです。

志登支石墓群に弥生時代早期の暮らしを偲ぶ

志登支石墓群
支石墓とは、遺体を埋葬した上に、小さ目の石で大きな石の蓋を支えて被せたお墓です。
九州北部には、弥生時代に作られたらしい支石墓形態のお墓をみることができ、 糸島には志登支石墓群以外にも、新町支石墓、石ヶ崎支石墓などの支石墓があります。 また新町支石墓からは、縄文人が支石墓に埋葬されていることから、九州北部が支石墓の発祥とも考察される国指定の史跡なのです。


2017トレンド水着
スポンサーリンク
スポンサー様募集しております

田んぼの中の志登支石墓群

志登支石墓群
JR筑肥線波多江駅から、北に向かって約1kmのところに、志登支石墓群(しとしせきぼぐん)はあります。駅から歩いて行ける距離です。
途中に標識が出ているのでわかると思います。

志登支石墓群
志登支石墓群は田んぼの中にありました。 木が数本茂っているところが志登支石墓群です。 遠くに可也山を望む絶好のロケーションです。

志登支石墓群
なんとなく、かなり荒れている感じ・・・・
一応、史跡であることを示す掲示板が建っております。

国指定史跡 志登支石墓群

志登支石墓群 国指定史跡
案内板によりますと・・・
志登支石墓群は弥生時代早期から中期にかけてのお墓で、昭和28年に文化財保護委員会によって調査された結果、 支石墓10基、甕棺墓8基、平安時代の溝が1条が発見されており、 お墓からは、打製石鏃、柳葉形磨製石鏃、打製石鏃などの副葬品が出土しています。

大きな石が見えます

志登支石墓群 大きな石
これが支石なのか・・・ かなり大きめの石が埋もれております。
これらの石は、最大のものは5トン以上あるそうで、近くの可也山から運ばれたと言われているようです。
ちなみに可也山は石材の産地でもあり、かつて黒田長政公が日光東照宮広前に、可也山から切り出した石で大鳥居を建立しているそうです。

国指定の史蹟が草ぼうぼう・・・

志登支石墓群 草ぼうぼう
しかしながら、国指定の史蹟が草ぼうぼう・・・
あまり顧みられていない感じがします。

志登支石墓群 草ぼうぼう
標識も埋もれています。

マンションが迫ってくる

志登支石墓群
志登支石墓群のまわりは田んぼなのですが、近くにマンションが迫っているのがわかります。 このまま糸島市が発展してゆくと、マンションの間に埋もれてしまうのかもしれませんね。

糸島は遺跡や古墳などが点在している歴史遺産の宝庫ですので、近くの遺跡を訪問してみてくださいね。 先人の暮らしをを偲び想いを通わせると、先人たちが良き方に導いてくれると思いますよ。

Line
Facebook
Hatena::
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
pocket
Twitter



志登支石墓群
糸島市志登 499


より大きな地図で 糸島の総合観光ガイドマップ を表示
※志登支石墓群の情報は、2015年5月時点のものです。

糸島 便利なマトメ情報



↑ここ↑に広告を掲載しませんか?
福岡糸島 広告募集

糸島観光サイト内を検索できます
海辺のカフェ、モーニング、天然酵母、神社、カレー etc 調べたい文字を入れて検索して下さい。

糸島散策・観光のバイブル ガイド本
2017年版、新しくなりました!

新着記事

個人的にお薦め記事です


新しく訪問したお店や観光地の旬の情報をお届けします。 ぜひご購読下さい。【週末発行】
お名前
メールアドレス
糸島観光メールマガジン

糸島のカフェ、ショップ、見どころガイドマップ
糸島観光 ガイドマップ